結婚式への電報、一押しは?!

遠方に住む親しい友人や、昔はよく遊んだはとこなどのちょっと遠い親戚が結婚するとき、披露宴に呼んでもらえるとは限りませんね。あるいは、ご招待いただいてもあなたの都合で参加できないということもあるでしょう。そんなとき、お祝いの気持ちはどうやって伝えるのが良いでしょうか。

もちろん、今どきのことですから、LINEのメッセージでおめでとうスタンプ、というのもあるでしょう。でも、それでは少し味気ないとは思いませんか?

結婚式というのは一生に一度のことですから、心をこめて、新郎新婦の心に残るお祝いメッセージを伝えたいところです。そこでおすすめなのが、バルーン電報です。

結婚式には、電報がつきものです。職場や取引先から送られる他、披露宴に参加できない人が電報を送るのが通常です。数多くの電報が届く中、新郎新婦の記憶に残るすてきな電報にしたいなら、ただメッセージを送るだけでなく、プレゼントを一緒に贈ることができる電報が良いでしょう。披露宴会場にそのまま飾れるバルーンを一緒に贈ることができる電報が、バルーン電報です。

バルーン電報をお探しなら、こちら(バルーン電報:結婚式のお祝いに|ベルビープライム電報)をチェックしてみてくださいね。素敵な風船と一緒にお祝いの言葉を送りませんか。

小説家のなり方、教えます!

小説家になりたいなあと思ったことがある人は少なくないと思います。読むのが好きで、自分も書いてみたりして、それが楽しくて仕事にできたらいいなあ……なんて、思いますよね。では、小説家になるにはどうしたら良いでしょうか。小説家のなり方について考えてみたいと思います。

小説家になる方法として、王道といえば新人賞などに応募して、賞をとって、文芸雑誌に載せてもらったり単行本を出版してもらったりするという方法がありますね。でも、それはなかなか大変ですから、あきらめてしまうという人も少なくありません。

では次に、自費出版と言う方法もご紹介しましょう。これは、読んで字のごとく、自分の費用で自分が書いた小説を本にするという方法です。この方法の場合、賞を取るなどしなくても実現可能ではありますが、紙代、印刷代などの費用が全部かかってきますから、ある程度資金が必要です。

最後におすすめしたいのが、こちらのHP(小説家のなり方の推奨サイト)です。電子書籍で小説家になるという方法ですね。電子書籍のゴマブックスでは、シンデレラプロジェクトという新人賞がありますし、これで入賞できればプロモーションのサポートがつきます。様々なジャンルの応募が可能ですから、一度チェックしてみてくださいね。